自社の商品を広めるなら中綴じ印刷が打ってつけ

自分を売る

色見本

自分をしってもらう

名刺は初対面の人にお渡しする、自分自身の最小紙面の自己紹介です。小さな四角い紙の中に初対面のかたにアピールできる情報をぎっちり入れ込んであるようにつくりたいものです。まず第一に必要なのは名前です。振り仮名も必需品です。たとえ簡単と思われる名前でも振り仮名をふっておくことが肝心です。あとは、会社の連絡先や携帯番号の番号はかならず入れます。役職があれば役職を記載します。最近は顔写真を入れ込むものもあるようです。名刺は、自分で印刷することもできますが、デザインを考えるだけで時間を取られてしまいます。業者さんにはこれまでの経験と実績がありますから、テンプレートも数多くもっているはずです。印刷もプロですから必要な情報をこちらから指示するだけで、あっという間に印刷したものが手元に届くようになるでしょう。業者に名刺を依頼する最大のメリットは、印刷の速さと安さです。自分で作るよりもずっとスピーディーに美しい仕上がりが期待できます。多く注文すれば割安になる場合が多いので、まとめて注文するといいでしょう。業者と相談して、豊富なデザインとテンプレートで個性的な名刺を作りましょう。海外の業者さんに依頼しても、名刺自体が小さいため送料はそれほど高くありません。なので、毎回デザインを変えてみたり、名刺に遊び心を表現してみるのも個性的で良いと思います。自分をいかに同業者のなかから目立たせるかの一発目の勝負があの小さな名刺という紙面のなかにあるのです。お渡しした方があとから見返しているときに、記憶のなかから浮かび上がってくるようなデザインにしてみるのも楽しいですね。