自社の商品を広めるなら中綴じ印刷が打ってつけ

色見本

自分を売る

名刺は初対面の方にアピールするための重要なアイテムです。個性的なデザインの名刺で相手に印象付けましょう。業者に依頼すれば、自分で作るよりも早く美しい仕上がりが期待できます。デザインに迷ったら、業者の持っているテンプレートを頼りましょう。

電子書籍

自炊代行で作業を効率化

書籍を電子データ化することが自炊であり、これらではスキャナーを用いて電子化される。しかし、多くの労力がかかるため、自炊代行業者に依頼して電子化することが通常である。自炊代行業者では店舗やネット申し込みなどで、電子化してもらえる。

中綴じで冊子を作る

印刷

パンフレットなどに最適

中綴じ印刷は、小冊子を作る時の印刷・製本方法です。冊子の製本方法には大きく分けて平綴じと中綴じの2通りがあります。このうち平綴じは、2つ折りにした紙を重ね、背から数ミリのところをステープラーで綴じます。ステープラーを使わず化学のりで背を固めることもあり、この場合は特に無線綴じと呼ばれます。一方の中綴じは、表紙とページ用紙を開いた状態で重ね、真ん中をステープラーで縦方向に綴じます。そしてその綴じた箇所から2つ折りにして冊子の形を作ります。平綴じの背が長方形の面になるのに対し、中綴じの背は1本の細い線になります。中綴じ印刷はおおむね8〜64ページ程度の比較的薄い冊子を制作するのに適しています。化学のりなどを使わないため、無線綴じより低コストで作れます。漫画週刊誌などのように特に薄手の用紙を使えば、100ページを超える冊子の制作も不可能ではありません。中綴じ印刷の用途はさまざまです。ビジネスの分野であれば会議資料・商品カタログ・取扱説明書などによく使われます。平綴じに比べるとページを大きく見開きにすることができるため、大判の写真を使ったパンフレットなどに適しています。その他、同窓会名簿や学園祭のプログラム、サークルの会報などにも利用されています。中綴じ印刷は仕組みが簡単なので、自作することも可能です。ただ、針金を縦方向に綴じられる特殊なステープラーが必要です。また、見開き印刷のページ設定が平綴じよりも複雑です。失敗のない確実な冊子制作を望むなら、プロの印刷業者に依頼するのが得策です。

シール

入学前にとても役立つ

名前シールは入学シーズンによく使われています。お子さんの持ち物に貼るお母さんが多いからです。インターネットで発注できるサイトもありますが、納期に余裕を持てるように早めに発注しましょう。サイズごとに選べるところも便利です。